2020年08月前半

全国戦没者追悼式の標柱「全国戦没者之霊」
2020年08月前半 · 2020/08/15
終戦記念日の今日は、全国で慰霊や戦争を振り返るイベントが行われていますね。 我が家でも、子どもたちに『かわいそうなぞう』を読ませたりしました。 国の主催としては、全国戦没者追悼式(首相官邸HP)が開催されました。 この式典で、祭壇の中央に立てられる「全国戦没者之霊」という標柱について書こうと思います。...
2020年08月前半 · 2020/08/13
今日も作品制作の合間の「箸休め」として臨書をしてみました。 古典は前回と同じく、顔真卿の「多寳塔碑」と王献之の「地黄湯帖」。 少しだけましになったかも。

2020年08月前半 · 2020/08/10
武田信玄ゆかりの神社を参拝しに、甲府に行きました。 今日は、空の青と入道雲の白のコントラストが美しい夏模様。 盆地はそもそも暑いですが、特に痛烈な暑気を感じました。 武田神社はけっこうな賑わいで、午頃の参拝の列は長かったです。...
2020年08月前半 · 2020/08/09
今日は午前に子供向けの教室、午後は老人ホームの教室でした。 老人ホームには30枚ほど半紙の手本を持っていきます。 教室後、ご希望の方には持って帰っていただきますが、手元の手本が減ると、気に入ってもらえたのかなと安心します。 今日は残り9枚。 けっこう楽しんでいただけたようです。

2020年08月前半 · 2020/08/08
教室中、筆を持ったまま生徒さんの作品を見ていて、墨を落としてしまいました。 書を書く者は、明るい色のズボンはダメですね。 外には履いていけないので、もう書道用です。 「書道好きあるある」だと思いますが、皆さんけっこう持っていると思います、墨つきの「書道用ズボン」。...
2020年08月前半 · 2020/08/07
子供がお世話になっている保育所・学童に、天朗庵入口の作品のリサイズ版を飾ってもらっています。 今日は、「貝」のリサイズ版をお渡ししました。 天朗庵入口の作品は、60cm×40cm。 この作品は、18cm×13cm。 とても小さいですが、同じように3つの印を押しました。 意外に、収まっているかも。

2020年08月前半 · 2020/08/06
昨日は私の師匠の教室の稽古でした。 いま制作中の公募展の作品に、師匠からバシバシ朱を入れていただきました。 自分の視野の狭さを痛感します。 「芸術は長い」ですね。 公募展とは別に、今月は顔真卿「多宝塔碑」、来月は王献之「地黄湯帖」の臨書がテーマとして出されました。 師の臨書する姿には、見惚れました。...
2020年08月前半 · 2020/08/05
書道友達から、暑中お見舞いをいただきました。 郵便受けの中に素敵なハガキが入っていると、やっぱりうれしいですね! 『ふたりはともだち』(アーノルド・ローベル)の「おてがみ」を思い出します。

2020年08月前半 · 2020/08/04
天朗庵教室に飾っている作品です。 「古帖閑臨」 私の作ではなく、青山杉雨という昭和時代に活躍した先生の作品のレプリカです。 私の師匠の、師匠の、そのまた師匠という、「曾祖父」のような存在です。 以前ブログで紹介した『書道講座』の西川寧先生の弟子にあたります。...
2020年08月前半 · 2020/08/03
地元、浦和の老舗書道用品店、鵞毛堂さんに行ってきました。 書家にとって、書道用品店は、文字通り”宝の山”。 この紙であれを書きたい、この石を彫りたい。 あれがほしい、これがほしいと思いながら、何時間でも過ごせてしまいます。 今日は紙と簡易表装の仮巻きを買いに行きましたが、絵皿とか墨とか絵葉書とか、つい買ってしまいました。...

さらに表示する