講師紹介

望月擁山(もちづき・ようざん)

 

 1981年埼玉県上尾市生まれ。中学の部活動から書を始め、江原見山先生に師事。現在、読売書法会評議員、太玄会理事・実行委員。2018年日展入選。2011年から毎年、大学時代の書友と3人展「書展・交叉点」を台東区根津にて開催。2019年、2020年に「霽月会書道展」を浦和にて開催。大学の書道部講師、社会福祉施設での講師、さいたま市立小学校のチャレンジスクール講師なども務める。2020年3月、天朗庵で教室を開始。

 元出版社の編集者で、これまで時事用語事典、小学校「書写」・高校「書道」教科書、デジタル教材などの編集に従事。家では3児の父。

講師は学生時代から大好きな書を追求しています。教科書の編集に携わったこと、老人ホームでアクティビティの講師をしている経験などから、書の技術だけではなく、書を通じた交流や教育についてもライフワークとして考えています。

 

 技術的な面は、もちろん手厚くご指導します。それだけでなく、手と心を動かして、書を書いたり見たりする楽しさを知ってもらいたい。それが書道研究霽月会の第一義です。 

Instagram


アカウントは「tenroan.shodoseigetskai」です。

 

 

ほぼ毎日、作品を投稿しています。

真面目な練習作品、遊びで気分で書いたもの、教室のために書いたお手本、墨絵や顔彩を使った絵、などなど。

書家の日常、教室の雰囲気を感じていただけるかも。

覗いていただければ(フォローしていただければなお)幸いです!