【硬筆展】生徒さんの作品・添削の例③
2021年 · 2021/05/21
 生徒さんの硬筆展の作品をご紹介します。  今回は教室に通われている小3の生徒さんです。
【硬筆展】生徒さんの作品・添削の例②
2021年 · 2021/05/12
 霽月会(せいげつかい)では、郵便やzoomを使った通信指導もおこなっています。  通信指導について、詳しくはこちらをご覧ください。  今回は通信で硬筆展の指導を受けている生徒さんの作品をご紹介します。  去年から、メールとzoomでレッスンをしている生徒さんです。

【硬筆展】生徒さんの作品・添削の例①
2021年 · 2021/05/11
 硬筆展の練習が、そろそろ学校でも始まります。  霽月会(せいげつかい)の生徒さんの作品の添削と、添削を受けたあとの作品をご紹介します。  まずは、添削前の作品。
2021年 · 2021/04/20
埼玉県硬筆展は、県内の公立小・中学校、高校で長く実施されているコンテストです。多くの学校で、クラスごとに数人の金賞・銀賞が選出され、受賞した子にとっては大きな励みになります。この硬筆展を、お子さんの成長の機会としてぜひ活かしていただきたいと思います。...

2021年 · 2021/04/20
 日々書いている作品の発信は、Instagramを中心に行うことにいたしました。  アカウントは、「tenroan.shodoseigetskai」です。ぜひご覧ください。  霽月会のブログでは、テキストでお伝えしたいことを掲載していこうと思います。
天朗庵入口の作品「謹賀新年・賀正」
2021年 · 2021/01/01
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします(^^) 教室の入口に飾った新年のご挨拶、「謹賀新年…」と「賀正」。 賀正は、開明さんの赤っぽい金墨汁を使用しています。 2021年が、誰にとってもよい一年となりますように(書道好きにとって特によい一年となりますように)。

天朗庵入口の作品「聖夜」
2020年12月 · 2020/12/23
霽月会書道展は昨日、無事、盛会のうちに幕を閉じました。ご来場の皆様にあらためて心より感謝申し上げますm(_ _)m 由木康の詞「きよしこの夜」から。展覧会の興奮さめやらぬ深夜に書きました。書道教室の入口近くに飾ってます。 世界中の人が、家族が、クリスマスを平和に幸せに過ごせますように…。
2020年11月後半 · 2020/11/22
「霽月会書道展」の案内状を、会場をお貸しいただく「楽風(らふ)」さんにお届けしてきました。 古民家の喫茶店ですが、青山茶舗という日本茶専門店が母体で、本当に美味しいお茶がいただけます。 初めていただいた時は「驚く」という表現が少しも大げさでないほど感動しました。本物は素人にも違いが分かりますね。...

2020年11月後半 · 2020/11/21
ご近所さんからお庭でつくられた芋をいただいたので、お礼に小さなものを書きました。 「嘉祥」は「おめでたいしるし」という意味で、瑞祥や吉祥などと同意の言葉です。 お芋はパスタの具材として美味しくいただきました。 家庭菜園って、素晴らしい趣味ですね。身体を動かすし、食べられるし。 さらっと書いたもので、恐縮ですが。。。
天高く馬肥ゆる秋
2020年11月前半 · 2020/11/08
天朗庵の入口に新しい作品を飾りました。 まん中の絵のような文字は、「馬」の古い字体(金文)です。 ことわざで、「天高く馬肥ゆる秋」。 空が澄み渡って高く見え、馬たちの食欲も増して逞しく育つ――秋の清々しい時節を表す言葉です。 書では、横書きはふつう右から左に書くので、「く高天」のような並びになっています。...

さらに表示する